tel2

 

ホーム » ヤギの性格について

やぎの性格について

小柄で人になつきやすいヤギは、とても扱いやすく、初心者や高齢者にも扱いやすい動物と言えます。 また病気にもかかりにくい利点もあります。
ヤギは人のように言葉をしゃべることはできませんが,しぐさや表情、鳴き声で感情を表現し,飼養者とコミュニケーションを図ろうと様々なサインを送ってきます。信頼関係が強くなればなるほど表現力が高まるそうです。その時,特定の部分や鳴き声だけに注目するのではなく,その時の状況や体の全体を観察して何を表現しているのか読み取るようにします。

k06 やぎの特徴

 

ヤギは1日で約10キロの草を食べます。草食獣の習性として一日中歩いて草を食べ続けるので、数頭いるだけで広いエリアを網羅可能です。

k06 やぎの頭突きについて

 

ヤギ飼いの悩みの一つにヤギの頭突きがあります。

某動物園の飼育係の話によれば、

 

『これは喧嘩や自分の力を誇示したい時に見られる行動らしい。 子供や老人、女性にはすぐに頭突きで威嚇する。「遊んでくれ~」 とじゃれているだけの時もあるとは思うが、あまりにも容赦がなさすぎる。 中途半端な角がある場合、危険である。 特に横や後ろから不意打ちのように突かれると危ない。 つきあげるように浣腸されたこともある。 子供の目線だと顔に直撃する可能性がある。 よって現在、園児たちが遊びに来た際も僕ら大人がついていない時は触らせないようにしている。』

 

とのことです。

レンタルされる際は、その点も注意しながら飼育してくださいね。